進化し続けるリフォーム

行政書士に出来ることは限られている

情報の詳細は司法書士 仙台←←ここ。
弁護士や税理士、司法書士に行政書士というような資格があります。
これらの職業を一まとめに「士業」ということもあります。
この士業、国家資格であるゆえに、それぞれに強大な権限が与えられております。
詳細はこのサイト⇒仙台 相続まずはクリック
ですので、一般人からすると、こういった士業の方は何でもできるのではないか、と勘違いをしてしまいますが、実際にはそんなことはありません。
わからなくても大丈夫!債務整理 仙台ならココです。
このなかで、もっとも強大な権限を有しているといえば、弁護士です。
私が参考にしたサイト⇒仙台 会社設立>←どうぞ
何といっても、弁護には代理交渉人という強大な権限があります。
代理交渉人というのは、簡単に言うと、裁判で弁護をすることが出来るという権利です。
ここで仙台 会社設立←でしたらココ
弁護士以外の税理士や司法書士、そして行政書士も弁護人にあることはできません。
ただし、140万円以内の過払い金裁判であれば、司法書士が代理交渉人になるなど、いくつかの例外はありますが。
もし、依頼する内容が裁判に発展をする可能性がある場合、行政書士ではなく弁護士を念頭においてもいいかもしれません。