進化し続けるリフォーム

私の水子供養〜赤ちゃんとのお別れ

第二子を流産で失った経験があります。産婦人科での二回目の検診で心拍も確認し、もう安心と思い周囲に報告をした次の検診の時、「心拍が停止していますよ」とのお医者さんの言葉。
オススメは愛知 水子供養こちら。
胎児は10週目になっていて、この検診のあとは区役所で母子手帳をもらうつもりでいたというのに。
まずは愛知 永代供養検索を。
1歳少し過ぎた上の子をベビーカーに乗せ、楽しい気分で出かけたはずの検診。その時の悲しい宣告に涙が止まらなかったのを今も思い出します。季節は春。病院からの帰り道、桜の花吹雪がきれいでした。だから今も、桜が咲き乱れるのを見ると心がざわざわします。
悩む前に岐阜 水子供養で確認。
その後流産の処置の手術を受けて、赤ちゃんとさよならしました。
そして、水子供養をしなければと思った時、手元にあるエコー写真を飾って手を合わせることを思いつきました。ただのエコー写真だと生々しいので、いわさきちひろの描いたかわいらしい赤ちゃんの絵を飾り、裏にエコー写真と私と夫からの赤ちゃんへの手紙をしのばせました。
どうしよう!愛知 納骨ここから検索。
きっとこれからも私たち家族を見守ってくれるだろうと手を合わせることが供養になると信じて。その後の妊娠で無事また赤ちゃんを抱くことができたから四人家族になったけど、心のどこかでは五人家族なのだと今も思っています。
知りたい情報は愛知 送骨このサイト。